腕組みダイエット 方法

★腕組みストレッチ方法★
腕組みストレッチとは?


腕組みストレッチとは単純に脂肪を落とすというのではなく、筋肉を鍛えて内蔵から体質を改善していくストレッチ方法になります。

腕組みダイエットとは、ボディーコントローラーとして有名な小倉義人さんが考えたストレッチ方法で
誰でも簡単にでき、数十秒でウエストがスリムになるといったダイエット方法です。
腕組みダイエットの特徴としては、普段使わないインナーマッスルをストレッチにより鍛えることができるのにもかかわらず、
辛い筋トレなどとは違い筋肉質になるのではなく、キレイな身体になるということが最大の特徴になっています。
また、このストレッチは体重を減らすといった方法ではなく、見た目をキレイにしていこうというものです。
ですから、体重は気にせずにダイエットすることができます。
そんなに太っていないはずなのに、体系が悪いと悩んでいる人はたくさんいると思います。
そんな人にはこの腕組みストレッチがおすすめです。
またこのストレッチは内側の筋肉を鍛えることもできるので、基礎代謝が上がり痩せやすい身体へのサポートをしてくれることも魅力的です。
このダイエットでは女優の藤田弓子さんや南海キャンディーズのしずちゃんも実証済みですので、是非方法を覚えてやってみてください。

★腕組みダイエット方法★

   腕組みダイエットで大事なのはこの3つ…
体重は気にしない!
たんぱく質を取る!水分補給はこまめに取る!

                                            ※これを必ず覚えておいてください!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
ストレッチ前に必ず全身鏡で裸をチェックしてください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
◎基本姿勢◎

1.両足のかかととつま先を揃えてまっすぐ立ってください。

2.目線は少し上にして、顎をひいてその後目線はまっすぐに戻して地面に垂直に立ってください。

3.両腕を後ろで組んで、その後組みにくいほうに変えてください。
※腕の組み方は前で組む時に脇に両手を入れるポーズ(怒っているときによくする)
組み方を後ろでやるような感じです。

4.おへその下を意識して軽く腹筋に力を入れてください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
◎腕組みストレッチ◎

1.基本姿勢の状態で次は、体を左右に10秒ずつ倒します。

2. 顔は起こしたまま腹筋を意識しながら、背中を曲げるように前に倒して10秒間止まってください。

3.下半身を正面に向けたまま上半身を左(終われば右も)捻って、10秒ずつ止まってください。

4. おへその下の腹筋を意識して少し前に右(終われば左も)のかかとを出して10秒ずつ止まってください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
上記合計すれば70秒ほどで終わるストレッチなのです。
ですから無駄な時間も使わないのに、筋肉が鍛えられるといったストレッチなのです。
ポイントは
常に腹筋を意識すること
これを守れば絶対にきれいな身体を手に入れることができますよ♪
一度やってみれば効果は表れるので、是非試してみてください!

▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

コメントは停止中です。