寝ながら消化 方法

★寝ながら消化方法★

寝ながら消化方法とは?


寝ながら消化方法とは、食べ過ぎた胃を楽にしてあげるといった方法です。

寝ながら消費とは、ダイエット情報とは少し違う方向なのですが、
もしダイエット中に食べ過ぎてしまうことがあればこの方法で消化することができるといった
ダイエットを少しサポートする役割がある方法です。
夜食べ過ぎてしまった時や飲みすぎてしまったとき苦しいと思ってそのままの勢いで寝てしまうことはないですか?
食べた後にすぐに眠りについてしまうのは一番危険な行為なのです。
寝てしまうと身体の機能は完全におやすみモードになってしまい、
全ての機能が働かなくなってしまう為もちろん消化機能も働かなくなります。
消化機能が働かなくなってしまうと、
そのとき摂取した食べ物や飲み物は全て脂肪に変わり体内に吸収されてしまうのです。
そうすれば、どうなるかわかりますよね?
そうならない為にもきちんと消化してから眠るという必要があるのです。
少しでも消化しておけば、寝てしまったとしてもしばらくの間消化機能は働くので
そのまま寝てしまうよりも効果は違うと言われています。
ですから、食べ過ぎてしまったときのための最終手段と思っておいてもいいかもしれません。
その方法は簡単なので覚えておくといいと思います。

★寝ながら消化方法★

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
食べたら右を下にして10分間寝転んでください。
※この時身体はまっすぐに横になり、他の部分が下にならないようにしてください。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
方法はこれだけです。
これは胃の向きに関係があり、右に向くことによって胃の中にいるものが
早く流れて消化が良くなるそうです。
食べてすぐ寝るのはダイエット的にはよくありませんが、
これは食べすぎたときに効果がある方法なのでダイエット効果とは少し違います。
そのことを覚えておいて、食べ過ぎたときに実行してみてください。


▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲

コメントは停止中です。